横浜教室ブログ

Being とBeen てどう違うの?~英語のトリビア(#32)~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさん、こんにちは!
横浜の初心者・初級者のための英会話スクール
~C.ダイアナEnglish School〜講師のMarikoです。
TOEICのPart1問題、つまり、

絵を見ている間に放送される4つの文を聴いて
絵の説明として正しい文をひとつ選ぶあの問題に
ちょこちょこ聞こえてくるbeingとbeenについてお話しします。

早い話、beingは受動態の進行形で使います。be動詞のing形です。

例えば下の文をご覧ください。
My bike is being repaired.
普通の受身形の文、My bike is repaired.
のisとrepairedの間にbeing を入れるだけで
「僕の自転車は今修理中。」
という意味になります。

ついでに間違えやすいこちら。
My bike has been repaired.
意味は、「僕の自転車は修理し終わっています。」
この文は現在完了の受身形です。

be動詞部分がhas(have) beenとなり

過去分詞形が続きます。

beingとbeenを聞き間違える人が多いようですが、
実際、正しい発音は、
beingは、 bi:n びーんに小さく「ぐ」をつける
beenは bin びん
だから注意して聴いていれば区別できますよ。
レッスンでは楽しい話題を盛り込みながら
ふだん使わない英語脳を刺激する内容を常にお伝えしています。
Well then, Have a wonderful day!
And don’t work too hard!
☆講師プロフィール
http://www.diana-english.com/lesson/index.html
お気軽に体験レッスンにお越しください
☆~C. ダイアナ English School~の体験レッスンを申し込む
http://www.diana-english.com/trial/index.html
☆~C. ダイアナ English School~のフェイスブックを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

初心者に最適な、横浜の英会話スクール

しゃべれなくても大丈夫・ゼロからでも安心

C.ダイアナEnglish School 横浜教室では、プロの日本人講師が親切丁寧に指導します。

日本人講師ならではの分かりやすいレッスン、会話のための文法指導、きめ細やかな対応、日本語での学習のケア・サポートをしっかりと行いますので、初心者でも安心して通っていただけます。

カフェのような教室で、美味しいコーヒーや紅茶を飲みながら、リラックスした気持ちで、楽しいレッスンを体験してみませんか?

体験レッスンへお越しください

コメントを残す

*