横浜教室ブログ

違う国、違う言い回し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皆さん、こんにちは。

 

横浜の初心者・初級者のための英会話スクール

~C.ダイアナEnglish School~講師のKaoruです。

 

一言に英語圏と言っても国によって「言い回し」がかなり変わります。

私は35年間イギリスに住んだのでイギリス英語は良くわかりますが

アメリカ英語は詳しくありません。

 

でも例えば飛行機に乗っている時に、フライトアテンダントの人に

「もう一枚ブランケットを下さい」って、どう聞くかわかりますか?

 

アメリカ人はたぶん “Can I have another blanket, please?”というと思いますが、

イギリス人は “Could you possibly bring me another blanket when you have time?”とか

“Could I possibly trouble you to bring me another blanket?”とか聞きます。

 

アメリカ式の聞き方でもちろん通じるのですが、

自分のためにわざわざやってもらうのに

アメリカ式のブランケットをもう一枚下さいだけでは

失礼になる気がするんですね。

 

まどろっこしいと言えばまどろっこしいですし

丁寧と言えば丁寧ですね。

 

もちろん違う単語を使うとか違う発音とかもありますが、

こういう言い回しの違いはお国柄が出て面白いなって思います。

 

お気軽に体験レッスンにお越しください

☆~C. ダイアナ English School~の体験レッスンを申し込む
http://www.diana-english.com/trial/

☆~C. ダイアナ English School~のフェイスブックを見る
https://www.facebook.com/c.diana.english/